海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

カナダの求人募集

日系企業を中心として、海外企業の多くもカナダに進出している傾向が見られています。実際にカナダという国へ海外転職を目指している方もいらっしゃることでしょう。ここまで多くの企業がカナダに進出している背景には、カナダという国の教育レベルの高さ。また勤勉な国民性。これらによって、ローカルエリアにおけるエンジニア職をはじめとする優秀な人材を確保しやすいというメリットがあるからなのです。またアメリカに比べるとメーケットが小さいことから、北米に進出するためのテストグラウンド的な要素としても、役割を担っているのです。

2008年までの転職市場を見てみると、自動車業界を中心として、非常に幅広い職種の募集があり、実際に多くの人間を採用してきました。しかしながらリーマンショックが起きて以降、やや景気が低下し、採用を控える企業が増加しましたが、現在では上向き傾向を取り戻している状況にあります。カナダという国のひとつのウリとして、豊富な天然資源というものがあることから、エネルギー業界での動きが活発化しています。エネルギー業界での実績がある方は当然に有利になりますし、異業界からでもチャレンジの場が広く設けられている環境と言えるでしょう。

他にも回復傾向のある自動車業界であったり、航空業界。そしてこれらに付随している部品メーカーなどの製造業の求人は高いように見受けら得れます。特に航空業界については、今後もより高くなる傾向にあると予測されています。前述にあるように、エネルギー業界や製造業でも、工場を所有している企業が多いため、プラント管理系の職業や、エンジニアの需要は、他業種と比較しても多めに存在しています。エンジニア業界への転職を目指すのであれば、機械工学や電気工学の知識を有していると重宝されるようです。

前提として社会人経験は必須になります。社会人経験が乏しいのであれば、在学中にインターンシップなどで職歴や実務の経験を積んでおくと、転職がスムーズに運んでいくことになります。現地の日系企業では、通訳職も年間を通じ、よく求人が出ている職種といえるでしょう。

ここまでを見てみると、製造業であったり、エンジニア職の経験があり、語学力が中級レベル程度であれば、カナダへの転職も比較的簡単に行えそうですね。前述にもあるとおり、社会人経験が必須条件ということは、ビジネスマナーなど社会人が持っておくべき基本スキルを身につけておく必要があります。ここは一度、リクルートエージェントなど、ビジネスマナー講座などのコンテンツが充実している転職支援サイトに登録し、ビジネスマナーを復習しながら、転職活動をすると、効率ガ良いと言えるでしょうね。

カナダ国内の求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.