海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

マレーシアの求人募集

現在海外移住先のナンバーワンとも言われている人気の国が、マレーシアです。定年後の夫婦の終の棲家としての人気も高いですが、若い世代の機銃希望者にも人気が高い状況です。このことからも、マレーシアへの海外転職を希望されている方も現在急増中なのです。ここではマレーシアの転職事情について紹介していきましょう。

まず日本とマレーシアにおいての転職活動の違いというものを紹介しましょう。現地で自分で企業を見つけ、応募をした場合、返事をもらえるのは、応募直後から1週間程度と、日本と比較すると、早い返事をもらえることになります。また日本では当たり前に3次面接までなんて、3度も面接することは珍しくはないですが、マレーシアの場合では、一次面接でいきなり役員面接というものがザラであり、1回というケースがほとんどです。

日本における転職・就職活動の際の服装は、リクルートスーツが一般的ですが、マレーシアでは必ずしもスーツ着用でなければならないということはなく、面接も砕けた雰囲気の中で行われることが一般的です。しかしながら、最低限採用者側に失礼にならない身だしなみは必須ですから、状況などが全く不明の場合には、スーツで赴くのが無難だと言えるでしょう。

面接のポイントになったり、採用基準というものは、スキルやキャリアというものよりも、自分物重視であることが多くなっています。しかしながら、職務経験は当然にチェックされます。しかし、それ以外で、どうしてマレーシアでの転職を希望されているのかであるとか、結婚をしているのか否か。また今後結婚の予定や出産などの予定があるのか。さらには両親の健康状態や兄弟の有無などを聞かれ、家庭の事情というもので、早期退職される可能性が高いか低いかなどをチェックされるのです。日本の面談では、ここまでプライベートに突っ込んだ質問はなかなか出てこないですから、面食らってしまうかもしれませんね。

しかしながら、こういった質問が出てくるのは、言葉や文化がまったく違っているマレーシアという土地で、生活をしていけるのかどうかや、現地のローカルスタッフと上手に仕事をしていけるのかどうか。また仕事が長続きして定着してくれるかどうかということを判断する基準になっていますから、その点を理解し、怪訝そうな顔をするのはマズイといえます。

このように日本とマレーシアでの転職活動は、まったく違っている部分が多いために、海外転職に明るいリクルートエージェントや、マイナビ転職エージェントなどの転職支援サービスサイトを上手に利用して、事前に情報収集とアドバイスをしてもらうようにしましょう。

マレーシア国内の求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.