海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

【海外勤務】マーケティング会社の求人なら

海外転職を目指す方の中では、企画・マーケティングの分野において、転職を希望されている方もいらっしゃると思います。日本国内の求人状況をみると、微増傾向にあることがわかっています。気をつけてほしいことは、日本国内企業と、海外の企業のマーケティングという職種における役割というものの違いなんです。国内企業のほとんどは、マーケティングといえば、営業のサポート的な扱いをする部分と捉えることが多いものです。しかしながら、欧米企業の場合には、販売活動のメインストリーム的な考えが常識的ですから、この違いをしっかりと認識しておきましょう。

現在大手、中小問わず、生産拠点はクローバル化の一途を辿っているような状況です。品質のチェックや生産工程の確認のために、企画・マーケティング職の人間が、世界中を飛び回るということもスタンダードな状況になっているのです。日本の企業に転職をしても、海外に生産拠点を持っている企業であれば、海外進出をするということは可能になります。マーケティング職の基本は、やはり英語を始めとする語学力が必須条件になることでしょう。

特にインドや中国などを含む、アジア圏に生産工場を持っているメーカーが増加しているため、英語ばかりではなく、その国の言語を習得することも転職成功の要素になってくるはずです。実はアジア圏における現地スタッフなどとの調整作業や、交渉などは想像以上にハードなものであるという事実があります。現地の商習慣であったり、国民性などを理解していないと、上手に品質と生産スピードを両立させることは難しいからです。海外転職の際には、こういった日系企業向けのマーケティング職なんてものであれば、転職案件を多く見つけることができるでしょう。

海外のマーケティング職では、企業活動の中核をになっているという認識が強くあります。戦略立案や、プロモーション企画にはととどまることがない多岐に渡る分野の知識が必要になってくるのです。日本のマーケティング職と似たようなものと考えていると痛い目に遭うことになるでしょう。商品開発はもちろん、生産管理や販促企画。さらにはwebプロモーションの企画や実行。さらにデータ分析など、本当に多くの知識と視野が必要になってくる職種だということを、しっかりと認識しておきましょう。

海外でもIT技術の急速な進化に伴い、顧客のログ解析や、SEO,SEMを用いた集客などが当たり前に行われている状況ですから、webに明るい人間であれば、海外でのマーケット職での転職を実現させやすいという傾向が見られています。

海外のマーケティング会社の求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.