海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

【海外勤務】不動産会社の求人なら

海外転職を目指す方の中には、不動産業界の職種で、海外転職を目指している方もいらっしゃると思います。ここでは、不動産業界での海外転職について、紹介をしていきましょう。

不動産業界の場合は、大きな国であればあるほどに、そのエリアによってビジネス形態というものが違っているというのが常識的な考えです。たとえばアメリカですが、多くのエリアは個人事業主として、個人レベルでのビジネスを展開していることが多いのです。しかしながらニューヨークを始めとするアメリカ東海岸では、法人としての活動をしている企業が活発であり、日本人の人材採用も積極的に行っています。

業種を見てみると、不動産賃貸などの販売営業や、保険や金融商品のセールス業が多く見られています。また不動産業界においては、ライセンスを所有していることが前提になります。ですから、海外の不動産企業に、転職活動をするためには、その働きたいエリアのライセンスが必要になります。アメリカなどの大きな国であれば、その州ごとによって、ライセンスが異なってくることも多いですから、そこらへんの調査をしっかりと行い、ライセンスを取得しておくことが重要です。

一般的には、現地に進出している日系企業に転職をするのがベストな選択肢だと言えるでしょう。そうすれば、海外勤務をし始めてから数ヶ月は、ライセンスを取得するために学校に通わせてくれますし、ライセンスを取得すれば、本格的に業務をスタートさせることができますからね。

不動産業界での海外転職を見てみると、やはり圧倒的に多い国はアメリカであることから、一番転職をしやすい国と言えるかもしれません。またアメリカだけでなく、現地に日系の不動産企業が進出していれば、当然に転職できる確率は高まります。その場合は保険や金融商品のセールスがメインになるでしょう。保険セールスやカスタマーサービスの仕事では、日本人特有のおもてなし精神が重宝されますからね。

とはいうものの、やはり他の業種と比較すると、海外転職は厳しい状況にある業界とも言えるでしょう。ハワイを代表として、近年ではシンガポールや香港、またマカオやフィリピン、マレーシアなど、日本人の終の棲家として選択されることが多くなってきているエリアにおいては、どんどんと日系の不動産企業が増えていることから、今後は需要が高まりつつあると言われています。リクルートエージェントやマイナビ転職エージェントなどを使い、国内で海外進出している不動産企業への転職が、もっともベストな選択だと言えるかもしれませんね。

海外の不動産会社の求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.