海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

【海外勤務】会計士の求人なら

会計職の転職事情では、一般的に有利とされる年代は、他の年代よりも随分と遅く、20代後半から30代後半といった世代になります。これは会計士としての実績や、資格取得というものが、何気に大変であるということなのです。この条件を満たしていれば、年代はもっと早くなることでしょうし、遅くなっても、問題なく転職をすることが可能でしょう。

たとえば20代の場合であれば、日商簿記の1級から3級レベルを保有している。もしくは公認会計士短答式試験合格。税理士1から2科目以上などといった資格が必要になります。また企業での経理業務経験が1年以上から3年程度必要となります。そのほかの要素としては、決算業務というものが、一通りできるということ。実務経験があれば、採用されるケースが多いものです。資格よりも実務経験を考慮されるのが、会計職の特徴なのです。

日本国内ではこんな感じで、ある程度の条件というものが、明確化されているものですが、海外転職の会計職にはどういった条件などが設けられているのでしょうか。基本的に日本人会計職の経験者は、世界的に需要が高いとされているのです。シンガポールや香港などの東南アジア諸国はもちろんのこと。アメリカやカナダやオーストラリアなどの英語圏。またイギリスやフランスなどの日本人の海外転職が難しいとされているようなエリアでも、会計職の日本人は重宝されている傾向が見られます。

これは日本人の会計職の能力の高さが、世界的に評価されているという証拠であり、勤務に対しての真摯な姿勢というものが、評価されているためだとも言われています。会計職の種類としては、経理マネージャー、買掛金短答マネージャー、売掛金担当マネージャー。上級会計士。経理会計士。簿記原価計算担当者。最高財務責任者。ファイナンシャル・コントローラー、財務マネージャー。ファイナンシャルアナリスト。会計監査役など沢山の種類に分けられているものです。この中から、自分のスキルや知識に見合った職種を選択していきましょう。

日本に存在している海外転職に強い転職支援サイトに登録をして、転職活動をしていれば、海外転職は意外とすんなりと転職を実現することが可能になります。大手のリクルートエージェントや、マイナビ転職エージェント。さらにそれに派生している海外転職専門サイトや事務職を中心とした転職支援サイトであれば、問題なく転職を実現させることが可能でしょう。

会計士の海外求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.