海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

【海外勤務】デザイナーの求人なら

デザイナー職の求人は、やはりファッション業界で一番多い傾向が見られ、ほぼ毎年のように安定的なニーズというものがあるものです。アパレル企業の生産・製造のアウトソーシングが急速に進み、これによって、デザイナーの現地駐在というものも、ここ数年においては、活発化していることから、海外転職のデザイナー職というものは、年々増加傾向にあるというのが事実としてあります。

デザイナーの待遇面についてはどうなのかというと、企業の規模が大きければ、給与の水準が高いというような、他の業界では当たり前とされるようなことにはなりません。しかしながら、同企業内でのスキルアップや給与アップというものは、大手の企業の方がチャンスが多いということは、事実として存在していることなのです。

またデザイナーの処遇というものは、自分が担当しているブランドの売上であったり、組織においてのポジションが個人の待遇に対しての差に関係してくると言われています。チーフデザイナーなどになれば、担当しなければならない業務の範囲というものであったり、責任範囲というものは、確実に広がることにはなるものの、それに伴って給与も大幅に上がることも多いという状況です。ですから、単純に同じポジションなどで、年収をアップさせたいと思った場合には、国内外問わずに、転職をしてアップさせることが一番の方法と言えるのではないでしょうか。

デザイナー職は、国内であれば、もっとも増加する時期というものが存在します。組織編成が行われる3月や4月がこれにあたるわけですが、海外でもこれは一緒。特に東南アジア諸国であれば、旧正月明けの2月から3月期に求人募集が高まる傾向が見られています。ちなみに日本であれば、これに加えて、契約更新とういうものが多い、晩春から夏にかけての6がるから8月時期にも求人が高まるという傾向が見られています。

海外でのデザイナーの転職の場合には、実力がないと当然に採用されることはないことから、デザイナー職のほとんどの人間は、フリーランスでの海外転職を行う場合が多いものです。フリーランスビザは、給与所得ビザよりも取得をしやすく、メリットは高いものの、自分で健康保険や国民年金などの支払いを行っていく必要があるので、こういった条件をしっかりと比較して、自分にベストマッチした方法をチョイスすることが大事ですよ。こういった場合にも、国内にあるリクルートエージェントなどの、転職支援サービスサイトを利用して、情報収集をしていくようにしましょう。

デザイナーの海外求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.