海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

【海外勤務】エンジニアの求人なら

海外転職を目指すにあたり、エンジニア職というジャンルの職業についていることは、非常に明るい状況であるといえるでしょう。日本での場合には、そこまで満足度が高くない職種のひとつでもあるわけですが。その証拠に、さまざまな検索エンジンで、SEと入力し、スペースキーを押してみてください。変換候補の第一候補として出てくるのは「やめたい」というワードなんです。日本国内において、転職どころか、エンジニアという職種自体をやめたいと思っているほどに、冷遇されているケースが多いのです。

一方海外であれば、一般的にどこの国においても、日本よりも好待遇で迎えられることが多いものなのです。たとえば、プログラマーであれば、格段に日本に比べても高給なものが多いです。日本においては、さまざまなジャンルでも違いは出てくるものの、プログラマー職で年収800万円という年収を獲得している人間はいないことでしょう。しかしながら、海外であればそこまで珍しくないのが現状です。それも、マイクロソフトやグーグルのような大企業のプログラマー限定の話ではなく、中小規模な企業でも、この年収を獲得することができているのです。

給与の面以外でも、しっかりと休暇が取れる環境にあるというのが、海外のエンジニア職をオススメできる点でしょう。日本のエンジニアは、連続連夜の徹夜業務なんて当たり前ですからね。休暇だって上司が出勤している手前、なかなかにとりづらいという状況でしょう。こういったことは海外ではまずありえませんし、休暇は日本よりも長い傾向にあるのです。このために国内では、ある程度にスキルや知識のあるようなエンジニアが、まったく違う業界へと転職を希望しているのが現状なのです。

しかしながら、せっかくエンジニアとしてのキャリアがあるのですから、そのスキルや知識を活かさない手はないでしょう。ですから、現状の打開策として、海外への転職というものは、かなりオススメできるアクションなのです。

国内のエンジニアの平均給与を挙げてみると、SE職で約600万円。プログラマ職で400万円前後。ネットワーク系エンジニアで450万円前後となっています。海外を代表して、アメリカのエンジニアでは、プログラマが700万円。アプリ系エンジニアで765万円。業務システム系のエンジニアでは830万円となっていて、相当の違いがあることが分かります。英語力は必須になりますが、中級レベルであれば問題ないでしょう。リクルートエージェントなど、国内の大手の転職支援サイトに登録して、まずはその待遇差を実感してみてはいかがでしょう。

エンジニアの海外求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.