海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

【海外勤務】財務職の求人なら

財務職での転職を目指している場合には、国内でも海外でも、求められる人材には共通点があるものです。ある意味で違う職種からしてみると、羨ましい限りでしょう。しかしながら、逆にこの要素を持っていなければ、海外はおろか、国内でも、引き取り手がないということになりますから、自分の身につけておくべき最低限なものとして、覚えておくようにしましょうね。

営業などの職種に比べ、財務職というものは、求められるスペックというものがはっきりとしていることが多いので、採用というものはシビアなのです。特に財務職というものは、つぶしがきくというイメージがあるために、人気が非常に高く、未経験者がキャリアチェンジ目的で応募してくるというケースも多い職種なのです。

国内企業でも余裕がないところや、海外転職の場合には、実務経験を重要視する傾向が強いので、こういったキャリアチェンジでの海外転職は、はっきりいって難しいと言えるでしょう。国内企業へまずは転職をし、実務経験を積むことが大事になってきます。海外転職のチャンスを視野に入れた転職をしたいのであれば、海外に進出しているような企業を選択し、海外への移動を狙うという方法がもっともベストな選択と言えるのではないでしょうか。

ちなみにキャリチェンジの場合では、国内の転職事情であれば、第二新卒の状況では、簿記2級程度の知識があったり、実際に資格を取得していれば、採用されるケースは大いにあります。年齢が20代後半に差し掛かっているのであれば、月次決算の知識やスキル。さらに30代に達しているのであれば、年次決算業務や税務申告なんてものの知識やスキルが必要になってくるのです。もちろんこれは、単体ではなく連結での業務経験というものが欲しいと思われるところと言えるでしょう。

国内の転職においては、キャリアチェンジで財務職を目指す場合には、資格の取得をアピールする人間が多いと思います。相当に高いレベルの資格を有しているのであれば、目には止まるでしょうが、実際に前職で経験をしている人間と、キャリアチェンジを求めていて、資格を死ぬほど保有している人間とであれば、間違いなく前者を採用するところが多いのです。これは海外企業でも当然であり、やはり財務職は、実務経験がものをいう世界なのですよ。税理士や公認会計士のような難関の資格を有しているという場合には、何気に重宝されるかもしれませんが、それは人間性を評価されるものであり、やはり採用の決め手となるのは、実務経験であるということを覚えておきましょう。

財務職の海外求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.