海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

海外勤務の第二新卒求人

第二新卒者の転職事情は、現在日本国内で景気回復の兆しが見え、全業界に活気が出てきているような状況です。求人も当然に増えていることが確かなことですし、第二新卒はもちろん、新卒者など、話題世代の採用を積極的に行っていき、将来を担う人材を育てようとする傾向が見られています。そんな国内の第二新卒者の転職事情なのですが、海外転職での第二新卒者の転職事情は、どのような傾向があるのかを紹介していきましょう。

海外転職での中途採用は、日本国内よりも常識的に捉えられています。日本国内でも、大企業を中心として、やっと終身雇用の崩壊を常識的に捉える企業が増え、中途採用を積極的に行う傾向が見られていますが、こういったことは、もともとアメリカを始めとする海外の企業の常識的な考えだったわけです。

しかしながら、注意をして欲しいことは、スキルや知識、そして実力があるからこそ成り立つことであり、第二新卒者のような、まだまだ社会経験の薄い人間をも、どんどんと受け入れてくれるかといえば、話が違ってくるものなのです。特にアメリカやカナダの転職求人を見てみると、ビジネスマナーを身につけていることは常識ですし、転職希望者の採用も、実力主義的な考えというものがあることから、年齢や学歴などよりも、どのようなキャリアを積んで、どんな仕事をすることができるのかというところがより重要視されます。北米での第二新卒者の海外転職は、はっきり言ってしまうと厳しい状況にありますね。

また転職が同じように当たり前という風に考えられている国では、韓国や中国といった国が挙げられます。韓国の場合には、特に雇用に対しての差別を禁ずる法令ができたために、かなり狙い目ではあるものの、中小企業の数が圧倒的に少ないため、転職自体のハードルが高いということが挙げられます。中国の場合には、高いスキルや知識なんてものを要求されることが多いために、やはり経験豊富なある程度経験値の高い人間や、特別な発想なんてものを持っている人間を採用しやすい傾向が高いのです。ヨーロッパ諸国は、はっきりいって望みが薄いと言えるでしょう。不況の真っ只中で失業率が高く、自国国民を優先した雇用対策を取っている真っ只中ですからね。日本人である上に、業界の経験もないとなれば、採用されるのは奇跡に近い状態だと言えるでしょう。

こういった転職事情は、やはり国内大手のリクルートエージェントやその派生サイトであるJAC、またDODAグローバルなどでしっかりと情報収集してから、転職活動をすべきでしょう。

海外の第二新卒の求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.