海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】

海外勤務の英語を活かせる求人

現在国内でも、楽天を始めとして、大企業が社内公用語を英語にしたなんて話題が出てきていますよね。国内の転職市場においても、英語力があるということは、もはや常識的なことになっているのです。では、海外転職での英語力は、どの程度必要になってくるのでしょうか。

前述にもあるように、英語力というものは、国内の企業でも重要視されているスキルです。大手のリクルートエージェントなども、特集を組んで紹介をしていますが、英語力を必須としている求人は、2009年の転職市場に比べて、実に1.7倍も増えているという状況にあるのです。国内でも北米エリアを始めとして、グローバルに展開している企業が増加していることから、英語力の高い人材を欲している企業が多くなってきているのです。

基本的に、英語力というものがある程度にあれば、ほとんどの海外での転職を実現させることは可能ということが、大げさではないような状況になってきます。特に母国語が英語であるような国の場合には、さまざまな形で重宝することになるでしょう。特に採用に関わってくるのは、アメリカ、カナダ、ハワイやグアム。イギリスやオーストラリアというような英語圏の海外転職は特に英語力は重要なポイントになってくるでしょうね。

こういったところは、英語力というものがなければ、その国で働くために、絶対に必要である就労ビザの発行に手間取ることになってしまうのです。英語を活かすことができる職種を探すというよりも、その国で働く権利を得るという前提としての英語力が必要であるということなんですね。ですから、母国語の公用語が英語という国であれば、最低限にマスターしておくべきことだと言えるのですよ。

特にIT系のエンジニア職は、英語力があれば、重宝されると言えるでしょう。ネットワークでもシステムでも、新しいIT技術が次々と開発されている時代であり、そのほとんどは、英文で発表されていますからね。Webをチェックして、その内容が把握できるようになれば、当然に自分の中に吸収できるスピードも早くなるわけです。常に新しい知識や技術を自分の中に取り入れることができるということですから、これほどに重宝される人材はいないでしょう。

またリクルートやマイナビ転職エージェントが紹介している海外転職市場の動向では、意外にも、中国やシンガポールなどの東南アジアの国々が、英語力の高い人材を必要としているという傾向が強いことを、発表しています。

海外の求人探しなら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
type 無料 全国 ★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> TOPページで人気ランキングの続きを見てみる <<

TOP

海外転職に強いエージェント一覧

アジアの求人事情

ヨーロッパの求人事情

北米の求人事情

その他の地域の求人事情

業界別の海外募集情報【海外勤務】

職種別の海外募集情報【海外勤務】

条件別の海外募集情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 海外転職サイト.com【※海外で働きたい方はコチラ】 All Rights Reserved.